Miho Kobayashi Offcial site

Artist / Photographer
Miho Kobayashi

山梨県生まれ。フォトグラファー歴10年。場所を選ばず活動中。

しばらく宮古島で活動中♪

 

展示会 / イベント情報

《ベースはArt》

高校卒業後渡英。ロンドン芸術大学Chelsea College Art and Design BA Fine art修了。2014年よりスライド作家トヨダヒトシ氏に師事。
インスタレーション性、パフォーマンス性ある写真表現を探究している。 「こうふの街芸術際2011-2012」、「滞在-活動-イズ2015夏」等に作品を出展。
近年では制作と並行し、乳幼児から高齢者(障害、文化等含む全ての人)との美術を通した「やり取り」に美術の可能性と魅力を感じ、
浅羽氏が主宰するAtelier Le Matinの勉強会に参加している。2016年に保育士資格取得。

《フォトグラファーとしても活動》

アーティスト写真、アートワーク撮影、居酒屋、サロン撮影等、
コンセプトや、見えないが感じる雰囲気、思いを大切にビジュアル化をクライアントと一緒に考えることを大切にしています。

《コンセプト》

アートを創ること、観ること、感じることは、想像力を養わせると思っています。想像力は生きることや、育つことに、とても強く働くものだと思っているからです。
私の創るアートは、『観察と想像力(実験)』が基盤になっていると思っています。私のアートは、日常の観察から生まれることが多いからです。例えば、ドアの隙間から差し込む光。風でレースのカーテンが動くことにより、見え方が変化するカーテン越しに見る外の景色。暗くなると電車の窓が鏡のように変わり、電車の外と中を同時に映し出し、走り出す様子。
実体と映し出されたもの。実体と影。『実体=影』ではないが、影は実体により変化していることを感じます。影は実体と環境に左右され形成され、それはもしかすると、実体以上に実体らしい形なのかもしれないとも思います。
全てのものは、全てのものと関係し合っていると思います。
私は、アートは美しいものだと思っています。表面的ではなく、内面的に美しいものだと思います。美しいものは、自然な状態でいるものだと思います。自然な状態と言うものは、孤立してなく、影響を受け合って変化していく物の事だと思います。


I think art is a beautiful thing.
Not only as it appears but also what is hold within
I think beautiful things stay in natural state
And I believe that natural state is not independent, influenced by one another, so it changes its forms.

Born 1986 in Yamanashi Japan.
Live and work in Tokyo Japan.
Working as an artist, freelance photographer and sometimes work at a nursery.

EDUCATION and EXPERIENCE
2015 Artist in residence in IZU Shizuoka Japan.
2014-2015 Toyoda Hitoshi slide show Workshop.
2011-2012 Participated in the Kofu Art Festival.
2006-2007 BA Fine Art, Chelsea College of art and design, UAL, UK
2005-2006 Foundation course in Chelsea College of art and design, UAL, UK

error: Content is protected !!